Home

蜂の子とは

  • 昔は貴重な蛋白源として常食されていた蜂の子。近年では?

蜂の子

はちのこ(蜂の子)は、その名のとおり 蜂の
赤ちゃん(幼虫・サナギ・かえりたての成虫を
含む場合有)ですが、昔は良質で貴重な
蛋白源として常食されていました。

クロスズメバチが主で オオスズメバチ・蜜蜂・
アシナガバチなども食用にされるようです。

ミツバチの場合、女王蜂や働き蜂といった
メスの蜂は ローヤルゼリー・蜂蜜など 有用

な 蜜蜂産品の生産に必要なので 食用となるのは主にオスの幼虫です。

現在でも 長野・岐阜・愛知・静岡・山梨・栃木・岡山・宮崎 などの山間部
を中心に郷土料理にもなっていますし、高級珍味として 甘露煮や佃煮など
は 缶詰・瓶詰で販売もされています。

海外では 一流ホテルのメニューに出される程 一般的な食材のようです。

蜂の子の貴重な栄養を摂取できるサプリとは 

  

参照元 : ウィキペディア・山田養蜂場運営の研究拠点「みつばち健康科学研究所」

PC | スマートフォン

ONLY-SHOP / 法律に基づく表記